家族同士の信頼が大切

悩む女性

精神症状の変化があります

仕事の能率や判断力が急に低下したり、頭痛や吐き気などの身体的症状が2週間以上継続して見られる場合は、うつ病を患っている可能性があります。一昔前までは、うつ病に対して偏った見方をする人が大勢いました。心の病は心の弱さや甘えが原因とする考えが根強く存在していたからです。しかし今では、誰がいつなってもおかしくないごく身近な病気の1つとして考えられ、病気についての理解を得られる社会になっています。一方で、うつ病のサインは自分では気が付き難いものです。気が付いたとしても家族や職場の同僚に心配をかけたくないという理由から、1人で問題を抱え込み、症状を更に悪化させてしまうケースも少なくありません。そこで家族や身近な人達の気付きが早期発見の鍵となってきます。うつ病の治療でも他の病気と同じ様に、早期発見が早期回復へと繋がります。日頃から家族や身近な人が行動や言動、顔色などをチェックし、些細な変化を感じたら、できるだけ話を聴いてあげるよう心がける事が大切です。そしてうつ病の兆しを見逃さない為にも、症状別に記入するチェック表を利用するのが便利です。複数の項目に該当する場合には、精神科などの専門の医療機関に相談した方が無難です。うつ病は代表的な精神疾患として知られていますが、大きく分けて単極性気分障害と双極性気分障害に分けられます。うつ状態になると意欲や気力が低下して何ごとにも関心が持てなくなります。人によっては頭痛や不眠、食欲の低下などの身体的症状が目立つ場合もあります。そして躁状態とうつ状態の両方を一定期間くり返すのが、躁うつ病と言われる双極性気分障害です。機嫌の良い躁状態では、一見して病気が治った様にも感じられる事もあり、診断が難しい症状でもあります。初期の頃のチェック表では抑うつ状態としか判断できない場合でも、治療の途中で診断が変わる事もあります。患者の浮き沈みの激しい症状に対して家族や身近な人は振り回される事なく、冷静な対応が求められます。そしてこの病気には、かかりやすい性格があります。一般的にまじめで几帳面な上、完璧主義である事が多く、病気である事を知っても困難を乗り越えようとする人が多いようです。しかし無理をしてがんばってしまうと、症状を余計に悪化させ、更なる悪循環を招いてしまう事もあります。その他にも物事に対して回避的であったり、他罰的な傾向もありますが、これ等の人の全てが病気になるわけではありません。あらかじめチェック表を参考にしながら自分の性格や気質を知っておけば、病気を未然に防ぐ効果が期待できます。

Copyright© 2018 発症の有無をチェックしよう【うつ病は珍しくない精神病】 All Rights Reserved.