家族同士の信頼が大切

悩む女性

日頃から心身の状態をチェックしておけば、うつ病の兆しを見つける事ができます。そしてこの病気は、うつ状態と躁状態をくり返す躁うつ病である場合もあります。更にかかりやすい性格もあるので、自分の性格を知る事で予防効果も期待できます。

詳しく見る

正確な診断のために

カウンセリング

うつ病はさまざまな症状が起こることから、精神科において医師の診察を受けることが大事です。しかしながら医師の診察基準もさまざまであることから複数の医療機関を受診してさまざまなチェック方法を受けることが正確な診断につながります。

詳しく見る

早期発見する為に

悩む女性

うつ病はセルフチェックすることで早期に発見することが出来ます。もし発症している恐れがある場合は速やかにクリニックで治療を行いましょう。その場合、アクセスしやすいか、ドクターとの相性が良いかも重要になるのでクリニック選びは慎重に行いましょう。

詳しく見る

精神病か調べる方法

医者

電話やネットを使ってカウンセリングの予約をすれば、クリニックのうつ病チェックを利用できます。最初のカウンセリングはそれなりに費用がかかりますが、それ以降は簡単な検査が中心になるので大きな負担にはなりません。

詳しく見る

気分がすぐれないときは

男性

こころの病気の対応

うつ病は、珍しくない精神病として世間に認知されるようになってきました。しかし、人がうつ病になった場合、自分が罹患しているかどうかを判断することは難しいです。判断に際しては、症状に応じていくつかのチェックポイントがあります。まず、気分がすぐれない状態が長く続いているかどうかです。ほんの数時間や、一日程度、いやなことがあって気分が落ち込んだくらいでは、病気とはいえません。うつ病であれば、数日間以上も継続して気分がすぐれず、落ち込んだような状態が持続します。それから、睡眠障害があるかどうかも重要なチェック事項です。うつ病に罹患すると、多くのケースで睡眠障害が見られます。夜になってもなかなか眠れず、明け方まで寝付けないという症状がよく見られます。一方で朝起きるのが弱くなり、だらだらと寝床から離れられなくなったりします。それから、不安やイライラが強くなったり、些細なことで立腹したり、物音に敏感になることもよく見られます。そしてネガティブなことばかりを考えたり、周囲の人に愚痴ったりするのも典型的な症状です。周囲の人から休むように言われたり、明らかに健康な状態ではなく異常であると告げられる段階になるとうつ病であることが強く疑われます。できるだけ早く専門の精神科医に診てもらうことが必要です。うつ病の原因は長い間不明でしたが、科学技術の進歩とともに研究が進み、原因の解明が進んでいます。かつては、子供の頃のつらい体験や、ストレスが主な原因ではないかと言われていましたが、それだけでは説明がつきませんでした。うつ病患者の中には、ストレスの無い幸福な環境で育ってきた人も数多く存在しています。現在、最も有力な説として唱えられているのは、脳内神経伝達が阻害されることでうつ病が引き起こされるという説です。人間の精神活動は脳内の神経細胞ネットワークで情報が伝達されることで営まれています。その神経細胞ネットワークの働きが阻害されることで、正常な精神活動ができなくなり病気が発症すると考えられています。その結果、精神活動が鈍って思考能力が衰えたり、行動する意欲が失われたりしてしまうことになります。あるいは、単に活力が失われるだけではなく、ゆがんだ形で異常な精神活動が行われてしまうこともあります。それが、妄想にとらわれ合理的な思考ができなくなってしまう症状につながっていると考えられています。治療方法としては薬物治療が中心となっており、多くの症例で高い効果をあげています。うつ病は、他の病気と同様、早期発見、早期治療が大切です。罹患が疑われる場合、うつ病かどうかのチェックを早期に行い、治療につなげることが何より大切です。チェックは専門の精神科医に診てもらうのが一番です。

Copyright© 2018 発症の有無をチェックしよう【うつ病は珍しくない精神病】 All Rights Reserved.